2022-5-21 キックオフイベント

小中高校生を中心にICTを通して科学を学び、地域とのかかわりを大切にしつつ自分たちで企画運営しながら学習成果の発表を目標とする「情報センター科学クラブ」が今年度2年目を迎え、キックオフイベントを開催しました。一つのお部屋では収まりきらず、別室をオンラインでつないでのハイブリッド開催となりました。

学校や地域の枠を超えて集まったメンバーで、自己紹介から始まり2021年度の取り組みのおさらい発表、2022年度をどのように進めていくかの確認をしました。また、「大人だって頑張っている」と題して科学クラブと関わりをもつ大人達が自分が頑張っている事についてプレゼンしました。

見守ってくださる先生からは「面白い人と出会おう」「学校以外での知見を増やそう」といったアドバイスも頂きました。

2022-6-18 6月例会「研究内容の決定

6月の例会は情報センター会場で今年度何を研究したいかについて検討を行いました。
コロナ対策としてオンラインを組み合わせて分散し、それぞれ事前に準備したファイルなどでプレゼンを行います。
昨年度に引き続き部長を務める国立長野高専3年の山岸翔梧君をファシリテーターに次のような案が出されました。

「鉄道動画作成」
「share with」
「ゲーム」
「生物」
「PCハード」

このプレゼンをもとに内容を精査し、まとめ、賛同するメンバーでチームを作ります。
その後お部屋に分かれて更に議論を深めますが、早速外に出て活動を開始したチームもあり活気に満ち溢れました。
そして数分もしないうちに小さな四つ葉のクローバーを見つけてプレゼントしてくれました。彼らには違うものが見えているのかもしれません。

まとめの会では今回スタートした研究チームの何人かに今後の進め方についての発表があり、見守る大人たちがエールを送りました。

チーム代表
生物—それぞれが興味のある生物の生態などを見守ってまとめる
鉄道—エキナカプロジェクトとしてまるごと博物館のイベントに参加したりスタンプラリーをやってみたい
ゲーム—編集方法や分担を丁寧に検討する

顧問の先生
佐々木先生
仲間集めやチームワークを大切に。やり抜くことを目標にそれぞれの立場で頑張ろう。また1年生は先輩を見本にお互いに協力しあおう。

牧先生
「調べたい事」を「形にする事」この2つが目標。
学校の枠を超えてここを乗り越えることが勉強。

大人たち代表
情報センター所長小林さん
テーマをまとめてみると更に新しい事が出てくるかも。そこからつながりも生まれる事を期待したい。

宮川さん
「誰に」「何を」「いつまでに」これを意識して取り組もう。
とそれぞれのお立場からアドバイスを頂きました。
研究の到達点は「デジタル化」する事。(デジタルとは動画・ホームページ・スライド等)
10月の「デジタルの日」で中間発表を、最終発表は来年3月の「インターナショナルオープンデータデイ」を目標に取り組みます。

2022-7-16 7月例会

自分たちのやりたいことが何となくまとまって来た感がある7月の例会では早速各班に分かれて活動を開始します。
自分のタブレットを持って館内を自由に行き来OK。完全にフリーアドレス化しています。
お天気が良かったので緑地公園の探索やパソコンに新しいOSを入れたりウイルスを入れたりといったとっても興味深い内容でした。
また今後の方向性について改めてホワイトボードを使ってまとめるといった事前の作業を確認する班は議論にも熱が入ります。

まとめの会では各班の代表者が今日の成果を発表しました。
生物班 おけらなどの昆虫の採取ができた。
ゲーム班 取り上げるゲームの選考も終え思ったよりもずっと収穫があった。
PCハード 作業は順調に進んでいる。
鉄道 イベントのスケジュール確認。

応援する大人達からのメッセージ
佐々木先生 新しいメンバーも増え仲間づくりを大切に。夏休みも利用して活動の幅を広げよう。
牧先生 連携がうまくいかなかったところもあるがnextcloudの電話機能などを使ってコミュニケーションをとろう。
水野さん GISを活用して様々な事柄を地図に落とすマイ地図の提案。
小林さん 自分たちのペースでやれていると思う。相談があればいつでも声をかけて欲しい。
研究の到達点は「デジタル化」する事。(デジタルとは動画・ホームページ・スライド等)
10月の「デジタルの日」で中間発表を、最終発表は来年3月の「インターナショナルオープンデータデイ」を目標に取り組みます。

2022-8-27 8月例会

今月の例会はテストなどの学校行事のため通常の第3土曜日ではなく日程をずらし、またコロナの感染状況をみてオンライン開催になりました。
夏休みに皆さんそれぞれ必要なプレゼン資料などを整えて会に臨みました。
今日は前回までに出来たところの確認、今後の方向性、課題点などの整理です。
各班それぞれオンライン会議ツールzoomのブレイクアウトルームに分かれて話し合いました。

終りの会での発表
〇ゲーム班
これからやってみたい事として「マイクラ」を取り上げることを決定できた。
長田君より宇宙中を飛び回って戦うゲーム「デスティニー2」の紹介としてキャラクターやクラスについて発表。
課題となったのはやはり打合せにメンバーが揃わない事、コミュニケーションをとれる方法を模索したい。
〇生物班
個人の研究について成果確認
〇電車班
動画編集ソフトが準備できた。
地図について大人のサポートメンバー水野さんにレクチャーを受けた

山岸部長より
体調に気を付けて
来月の予定はは9月17日。情報センターで開催できることを望みます。

大人たち代表水野さんより
地図に対する要望があるようなので学校から支給される端末で使えるアプリがないか検討したところ「Arc GIS」のアカデミック利用が可能になった。
希望する場合は顧問の先生に申し出てください。

顧問の佐々木先生より
夏休み明けで疲れもあるがそろそろエンジンをかけて目標を見据えて進んでいこう。

牧先生より
水野さんの地図の話によりイメージが明確化した。
ウブンツなど新しい用語がでてきて興味深い
※Ubuntu(ウブンツ)とは
コミュニティにより開発されているオペレーティングシステム。
ラップトップ、デスクトップ、そしてサーバーに利用することができるもので、家庭・学校・職場で必要とされるワープロやメールソフトから、サーバーソフトウェアやプログラミングツールまで、あらゆるソフトウェアを含み、無償で提供されている。

2022-10-15 デジタルの日直前10月例会

10月29日に開催される科学クラブの中間発表の「情報化を実践する会 in デジタルの日 2022」まであと2週間。
準備も着々と進んでいるようです。今日は開催に向けて会場のセッティングなどを確認しました。
部長より本日のまとめとして、スライド・動画、現物がある人は準備を万全に。
デジタルの日当日は終日に渡るのでお弁当と飲み物も忘れずに。
また、部員からはメタバースで発表するかも、といった新しい提案もありました。


顧問の佐々木先生から
大人、高校生、みんなで発表する、そして自分の自分の学びに生かそう。
今回は図書館のデジタル化やzoom体験、3D体験など様々な体験を通して交流することが大切。

大人代表小林さんから
盛りだくさんの内容で非常に楽しみ。多くの人に見てもらいたい。
今回は個人や、行政・団体などから多くのご後援・ご賛同を頂き感謝いたします。
情報化を実践する会 in デジタルの日 2022のリンクはこちらから


2022-10-29 「情報化を実践する会inデジタルの日2022いよいよ当日!

大きな目標として掲げてきた中間発表の場である「情報化を実践する会inデジタルの日2022」を10月29日(土)須坂市シルキーホールを会場に開催しました。
主催者を代表してSOHO支援協議会小林理事長の開会宣言に始まり、中学生の部員による研究テーマの紹介。名古屋大学遠藤先生をファシリテーターにデジタル討論会へと進みます。
その後須坂市立図書館からは電子書籍貸し出しサービス「デジ図書信州」の紹介、「デジタル博物館」を主宰する更北中学校林君の発表もありました。
そして一番の山場は各班及び個人が取り組んできたテーマ「鉄道・生物・PCハード・PCソフト・ゲーム」についてスライドや動画を交えてのプレゼンです。
ちょっぴり緊張しながらも落ち着いて発表することができました。更に機器類の扱いもスムーズ、今日のために準備を重ねてきた成果です。
中間発表そして最終目標の3月のオープンデータデイでの発表に向けてプレゼン技術も資料作成もどんどんスキルアップしてきた印象です。

終わりの会では佐々木先生のコーディネートで参加者全員で今日の感想や今後の事を述べ合いました。
セッション1「今日の感想」
・他の班が何をやっているか分からなかったが知れて良かった。
・みんなに伝えられて良かった。
・このすごい空間が良かった
・人前で話すことが出来なかったが今日は出来た。
・いつも虫取りをしていて他の人を知らなかった。自分の事だけじゃダメだと思った。
セッション2「自分はなぜここにいるのか」「この場の可能性」などについて自分自身と向き合い掘り下げます。
・自分のやりたい事を実現でき共通の同じ目標に向かう人がいる
・理解される環境だから
・一人一人の個性や好きな物を共有することで新しい個性が生まれる
・いつも関わらないような人と接せる
・お互いに技術を高められる。情報交換もできる。
・まだ小さい子やご老人などあまりデジタル化に慣れていない人に慣れて触れ合ってもらいたい
など、自分自身の事や周りの事への気づきもあり有意義な会となりました。
最終プレゼンまで残りあと5か月、頑張りましょう!

2022-11-19 11月例会

「情報化を実践する会in2022」の開催後初めての例会ですがコロナの状況が芳しくないため完全オンラインでの実施になりました。
zoomのブレイクアウトルーム機能を使って班ごとに分かれディープな話し合いがされたようです。
多くの気づきや今後の見通しについて再度の確認となった班、もう既に最終目標に向かって新しい事を始めた班もあり活発な意見交換会の場となりました。

終りの会のまとめ
・鉄道班 撮りためていた素材の編集やサムネづくりに取り掛かった。
・PCソフト班 アルディーノについて使い方や可能性について検証した。
・生物班 最終発表の素材を各自確認。
・ゲーム班 参加者が少なくて残念だったがスライドなどの作成を行った。

顧問の牧先生より
アルディーノをyoutubeで紹介できたり、小学生部員のまなとくんがプログラミングについてレクチャーを行ってくれた。
自身がアルディーノを購入してみたので学校でも使ってみたい。
zoomの機能が素晴らしく、会そのものがとても充実していた、特に生物班はリアルが基本であるが一緒に体験できた。

顧問の佐々木先生より
中間発表を終えた今、残りはあと半年。コロナでなかなか思うように進まないがアウトプットしたイメージをしっかり持ってチャレンジして欲しい。
学校のくくりを超えての活動になるので端末を上手に活用しよう。

大人チーム小林さんより
須坂新聞、長野市民新聞などに取り上げられる機会となった。
注目されることで地域に刺激をもたらしたと感じる。
ブレイクアウトルームの使い方も慣れていて素晴らしい。
次回は12月17日の予定だがコロナの状況が不明であるのでどうか気を付けて過ごすようにお願いしたい。

情報化を実践する会 in デジタルの日 2022のリンクはこちらから

情報センター科学クラブ参加申し込みはこちらから