5/20 キックオフ

今年で3年目を迎える情報センター科学クラブに新しいメンバーも加わり2023年度キックオフの例会を持ちました。
大人サポートチームの小林さんより科学クラブ発足の経緯説明、メンバー及びサポートスタッフ自己紹介、そして大きなミッションとなる動画作成と絡めて部長山岸翔梧氏により「著作権について考えよう」勉強会が行われました。
昨年度の成果発表では体験してきた日々の活動の他、デジタルの日中間発表やIODDの成果にも触れられ中身の濃い振り返りとなりました。
本年度やりたい事は昨年の成果も踏まえ、より一層バージョンアップした内容にしたいと希望を語り合いました。
土屋君より活動を円滑に進めるためのツールとしてファイル共有やチャット機能を備えた「Next Cloud」の説明。松下君が作った科学クラブのホームページの紹介がありました。将来的にはメンバーが作成した動画をアーカイブする場所として機能します。
今日行われた様々な次第は今までは大人のサポートチームが担っていたこと。しかし、3年目になった今日の会ではそれぞれメンバーが分担して発表や説明がなされるようになりました。自分の役割や得意分野をしっかりと認識して活動してきた成果だと感じます。

昨年度の成果まとめ
◎生物班
蝶の標本をスプレッドシートに情報を落とし地図化した。ストーリーマップ(地図と関連させて文章を書く昨日)やアークGISコンテストでは中学生のエントリー初となった。アークGISを提供して下さった企業様に感謝を申し上げます。
◎PCソフト
マイクロビットやアルディーノをプログラミングして様々な動きを実現させる実験を行った。
◎PCハード
デスクトップパソコンの分解やOS・アプリのインストール。3Dプリンタの操作。
◎鉄道
鉄道の魅力を発信するために長野電鉄様とコラボして「SNSハッシュタグ企画」を行った。
◎ゲーム
ゲームの動画編集と編集ソフトの模索など。課題としては全員が完成までいきたい。

終りの会(今日のまとめ
◎生物
今後の方針と公園の下見
◎PCソフト
マイクロビットの送受信
◎鉄道
個人個人がこれからやっていきたい事を決定
◎ゲーム
個人が所有しているゲーム機の確認とやりたい事の確認

Next Cloudについて土屋君より概要と説明
LINEのように喋れる場所として使えるので他校の人・大人サポートチーム・センターとの連絡に活用。FILEの共有ができる。
※アカウントをもらってログインしてください

顧問の佐々木先生より
3年目になりました。やりたい事・面白がる事などの好奇心を大切に。中学で固まらずに色んな人とコミュニケーションを。
大人サポートチーム水野さん
地図アプリアークGISは本来ならとても高価な物。中学生の学習に活用できることはとても意味深い事。是非有効に活用しよう。
大人サポートチーム小林さん
今のところ中間発表は10月のデジタルの日、最終発表は3月のIODD。その間毎月第3土曜日午前(学校行事の予定を見てフレキシブルに対応)
コロナも落ち着いたので6月の例会ではお楽しみ会が出来るとよい。

6/17 6月例会

例会
科学クラブ専用のホームページが出来ました。今後はメンバーの作品を収めるアーカイブとして機能します。
作成者の松下君より運用方法の説明がありました。

お楽しみ会
コロナも落ち着き、久しぶりに一堂に会する今回の例会ではお楽しみBBQを開催しました。好天に恵まれ心もお腹も満杯です!

7/20 7月例会

今日の例会ではビックな発表がありました。
生物班が手がけた「デジタルアーカイブ:土地利用と生き物の関係からOECMを考える」がGISコミュニティフォーラム マップギャラリー2023(ストーリーマップ部門) で3位(2作品)に入賞しました。ちなみにもう一つは東京大学!!
現地に出向き取材・撮影などを自分たちで行いインターネットで地図を作るアプリを使った作品が入賞に至りました。快挙です。

出展:GISコミュニティフォーラム マップギャラリー2023(ストーリーマップ部門) 入賞作品紹介 | ESRIジャパン (esrij.com)

その後通常の例会では小学校4年の新入部員を迎えた鉄道班が早速撮りためた動画の編集などのレクチャー。
生物班は臥竜公園へフィールドワーク。様々な生物の捕獲を行いました。
ゲーム班は次回のテーマについての検討。PCソフト班はデジタルの日の発表に向けて準備をスタートさせました。
着地点を見据えた活動が加速しています。

8/26 8月例会

生物班の「デジタルアーカイブ:土地利用と生き物の関係からOECMを考える」がGISコミュニティフォーラム マップギャラリー2023(ストーリーマップ部門) で3位(2作品)入賞記念の賞状と盾の伝達式を行いました。信濃毎日新聞社さんと須坂新聞社さんの取材もありみんなとっても嬉しそう。とても誇らしく思います。

終りの会では中間発表に向けての進捗状況の確認と大人サポートチームの見学に来られた宮崎さんのスピーチもありました。毎回新しい事が起こる「科学クラブ例会」です。

鉄道班 中間発表で何をやるかの検討と動画編集など
生物班 中間発表に向けてスキーム調整とサイトの調整
ゲーム班 中間発表の準備
PCソフト班 学校の文化祭で使うスライドの作成

大人サポートチーム
ゲスト宮崎さん
 みんな頑張っていて勉強になった。自分が中学生の頃は仲間がいなかった。大人を頼って欲しい。
須坂新聞社小林様
 自分の好きな事に取り組むって素晴らしい!
信濃毎日新聞社出沢様
 須坂の支社にいたが活動を知らなかった。こんな面白い事をやっているなんて!自分は文系なのでついて行けないかもしれないけどまた面白い事を知りたい。
佐々木先生
 いろんな大人がいろんな角度で関わってくれている。どんな思いでどんな人なのか。セッティング、事務、モロモロ色んな人がいる。学校では出来ない事も出来る。そんな中で自分の好きな事をやろう。「好き」をあきらめない。受験も間近に迫っているが自分の肥やしになるように。
小林さん
 取材が2社、そんな事は中々ない。どんな記事になるか楽しみ。

9/9 9月例会

中間発表会の詳細が決まってきました。
10月7日(土)ブースごとに展示・来場者にプレゼン
9:00-12:00 各自準備
12:00-13:00 昼休憩
13:00-13:20 開会式
13:20-14:10 展示
14:15-14:55 展示内容の発表
15:00-15:55 デジタル討論会
15:55-16:00 閉会式

展示会場と発表内容
メイン会場—セミナールーム—–ウィキペディア展示及び討論会コア会場
鉄道班——–PCルーム———–リーフレットを作ったのでスマホで見てもらう
PCソフト班—PCルーム———–マイクロビット・アルディーノをプレゼン(真南叶君)
ゲーム班——テレワーク室1—–動画・スクラッチゲーム展示
生物班——–テレワーク室2—– わすれなぐものアルコール漬け展示・Q&A

大人サポートチーム小林さんより
3年生は受験を控え大変かと思う。今日はみんなの真剣さが伝わってきた。
32インチのモニターが必要なので準備します。

10/7 情報化を実践する会inデジタルの日

研究の中間発表の場として目標としてきた「情報化を実践する会inデジタルの日」当日です。たくさんのゲストをお迎えして開催、様子はyoutube配信してより多くの方にご覧頂きました。
展示・発表に向けて準備に余念がありません。


大きなヤマ場は各ブースでの展示と来場者に向けた展示内容の説明プレゼンです。自分の端末を駆使して臨みます。
名古屋大学遠藤先生のデジタル討論会ではお褒めの言葉も頂きモチベーションが上がります。
最終発表は3月のインターナショナルオープンデータデイです。このままの勢いで走り抜けよう!

10/15 10月例会 3Dスキャンチャレンジ

今月の例会は長野市立博物館を会場に「公立小松大学 次世代考古学研究センター 特任准教授野口淳先生」をお迎えして同館の収蔵品及び自分達で持ち寄った昆虫やキノコの標本を3Dスキャンデータ化し文化財資料に起こすという特別企画でした。
高齢化により失われてしまう地域の歴史、資料、文化財をオープンデータ化するため土器等遺物の3Dデータ化を通して地域のGIGA端末から見ることが出来るデータづくりにチャレンジです。
最初に野口先生の3Dについてのレクチャーと撮影の仕方。博物館学芸員の成田さん、樋口さんより流域治水に関する道具や北海道のアンモナイト、信州新町の三葉虫の化石の紹介のあと、貴重な品々に少々ビビりながら専用のスマホアプリでスキャンします。スキャンしたデータはwebに公開する実験も行いました。地域の皆さんも参加して下さりとても実のある会になりました。

終りの会では参加したメンバーから様々な感想が聞かれました。
・3Dデータが作れ、デバイス内で見れた。作品を呼び出せた。
・HPに貼る方法を見つけて近年になく嬉しかった。
・1つのアプリで出来るのがすごい。
・まだ成果がないがうまく活用できるとよい。
・進学してからの目標が出来た。また更北中のメンバーとやっていきたい。

地域の皆さんからも感想を頂きました。
・長野市の地図が3Dになれば災害対策に役立つ。
・様々な事を集約してHPにしたい。
・防災対策に役立てればよい。
・子供達の力に期待したい。

学芸員の皆さんの感想
・小さな物でもキレイに撮影できた。
・いろんな形があって面白い。
・去年に引き続き開催できたことがすばらしい。
・昔のものをこのような形で残していけたら良い。

野口先生
・博物館の資料を形にするイメージは「見る」「聞く」「読む」。受け止めるだけでは流れてしまうが自分でやってみると自分のものになる。それが「参加」。
・データにすることにより省スペース化が図れる。
・最近の悩みは倉庫がもっとあったらよいと思う。人が集まって何かをする場所「科学クラブ」のような。
佐々木先生
・自分たちのやりたい事を人に頼らずにできるようになるとよい。面白がる事を大切に。愛着のあるものを大切に。
・ゆるやかに進んでいければよい。

11/18 11月例会 

今日の例会は今まで遅れていた作業を進めるべく淡々と取り組みました。
また、今まで使う機会がなかった情報センターの3Dプリンタを使い船の模型を作りました。まずデータづくりから。

終りの会
翔梧部長より
学校では時間が足りない、ここで満喫しよう!
佐々木先生より
学校でも可圧胴時間が短くなってきた。放課後20分くらいしかない。ゆっくり話す時間も少ないなか、こんな機会がとてもありがたい。
学校で出来ない事もここならできる。特に3Dスキャンにも発展させることが出来た。
また、受験生はとても忙しい、3年生が不在な時でも新しいつながりを模索し、新しいチャレンジにつなげていって欲しい。

12/16 12月例会 

今年最後の例会になりました。
水野さんよりArkGISソフトの使い方についてレクチャーを受けました。GIS(地理情報システム)とは、人口や地理データなどの統計情報を地図上にマッピングできるもので、地図を使って解決する・調べる・映像を組み合わせるなどができます。一番最初に結びついたものはGPSだそうです。
センサーと結び付けたものは3Dで、最近ではドローンなどに活用されています。
その後各班に分かれて3Dプリンタ・レーザー加工機などを使い活動しました。

終りの会
山岸部長:
今年はラスト。来年もよろしく。風邪には気を付けて
大人サポートチーム小林さん:
GISはすごいな。どんなデータで何をやりたいかが大事。興味を持つこと。
佐々木先生:
先輩たちも最初はピンとこなかったようだったが自分の好きな事とツールが繋がる瞬間がある。色んなツールがあっても自分のニーズにリンクしなければ宝のもち腐れになってしまう。好きがあれば進んでいける。
大人サポートチーム水野さん:
難しかったかもしれないがこのソフトは世界中に320万人のユーザーがいる。自分の好きと結びついたある意味幸せな人達。

次回は1月20日(土)午後
場所は長野市立博物館で3Dスキャンと合同で行う。概ね4時間程度の予定。

1/20 1月例会 長野市立博物館収蔵品3Dスキャン

今月の例会は10月に行った3Dスキャンチャレンジを発展させ、たくさんの収蔵品をスキャンする体験と撮れた3D画像の使い道などについて検討する会になりました。
次世代考古学研究センター野口先生、NIANTIC白石さん、株式会社アナザーブレイン久田さん、など強力な大人サポートチームにアドバイスを受け収蔵品を3Dスキャン。
どんなふうにしたらスマートな画像になるか、大きな物はどんな手順で撮影するのか、など工夫をしながら取り組みました。